SMBCモビットおまとめ入門

SMBCモビットの審査は甘くない!なぜ甘いと言われているかの理由も含めて解説!

投稿日:

SMBCモビットの審査は甘い?

SMBCモビットの審査が甘く、カードを作りやすいと耳にしたことはありませんか?

「SMBCモビットなら簡単にお金が借りられるの?」
「どうして甘いって言われているの?」

と気になっている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、実際のところはSMBCモビットだから簡単に審査に通る、ということはありません。

そこで今回は、SMBCモビットの審査基準や審査通過のためのポイントなどをまとめました。

この記事を読めば、SMBCモビットの審査通過率を高められるので、ぜひ参考にしてください。

SMBCモビットの審査は甘くない

結論から言えば、SMBCモビットの審査は決して甘くはありません。

まずは審査に関する次の3つのポイントを紹介します。

  • 審査難易度は他の消費者金融とあまり変わらない
  • SMBCモビットの審査通過に必要な6つのポイント
  • 審査が甘いと言われるのか言われる2つの理由

それでは各ポイントの詳細をみていきましょう。

審査難易度は他の消費者金融とあまり変わらない

SMBCコンシューマーファイナンスの公式サイトで公開されている「月次データ(2019年3月期)」を参照すると、成約率は46.4%となっています。

つまり、申込んだ人の半分は審査で落ちているということに・・・。

他の大手消費者金融の成約率をチェックしても、40%~50%の範囲内となっていることがほとんどです。

成約率から見ても、SMBCモビットの審査難易度は他の消費者金融とさほど変わりがないことが分かります。

SMBCモビットの審査通過に必要な6つのポイント

SMBCモビットの審査に通過するためには、次の6つのポイントをきちんと満たしていることが大事です。

  1. 申込み条件に該当しているか
  2. 安定収入を得ているか
  3. 必要書類の提出や在籍確認の電話連絡ができるか
  4. 他社借り入れ件数が多くないか
  5. 総量規制に引っかかっていないか
  6. ブラックリストに載っていないか

ここからは各ポイントの内容を詳しく解説していきましょう。

申込み条件に該当しているか

SMBCモビットの申込条件は「満20歳以上69歳以下の安定した収入のある人」となっています。この条件さえ満たしていれば、アルバイト、パート、派遣社員、自営業者なども利用可能です。

また、パソコンやスマホなどインターネットから申込む際にはメールアドレスが必要になります。この条件をクリアしていないと、いかなる人も審査に通ることはありません。

安定した収入を得ているか

上記した申込み条件にも記載されている「安定した収入」とは、毎月給料をもらっているか否か、と考えてください。

SMBCモビットは毎月の返済期日までに決められた金額を支払わなくてはなりません。

そのため、安定した収入を得ていないと継続した返済が難しく、審査において重要視されているわけです。

仮に年収が高い人でも、毎月安定した給料をもらっていなければ、審査に落ちる可能性は充分にあります。

必要書類の提出や在籍確認の電話連絡ができるか

SMBCモビットは申込時に必要書類(本人確認のための運転免許証など)や、審査時に在籍確認の電話が行われています。

これらをスムーズに行うことができなければ審査に通過できません。

必要書類は次の2種類が挙げられます。

  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートのうちいずれか1点)
  • 収入証明書類(源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、給与明細書のうちいずれか1点)

なお収入証明書は次の2つのうちいずれかの条件に当てはまる場合に提出します。

  • 借入希望額が50万円以上
  • 他社借入含む借入総額が100万円以上

在籍確認は勤務先にSMBCモビットの担当者が電話をかけ、本当にそこで働いているのかを確認する作業です。

SMBCモビットであることを伏せ、個人名でかけてくれるため、職場の人たちにバレるリスクは小さいですが、外部から職場に電話がかかってくることがない仕事に就いている人は、事前に担当者に相談しておきましょう。

書類提出による在籍確認などで対応してもらえる場合があります。

他社借り入れ件数が多くないか

他社借り入れ件数が多いと、相応の返済能力を求められることになり、審査にも悪影響を及ぼしてしまいます。

大体ですが3~4社以上の借入があると審査通過率が大きく落ちる傾向にあるので、他社借り入れが多い人は注意が必要です。

借入を完済するか、現在契約中のカードローンの増額を検討するなど対処しなくてはならない可能性もあります。

総量規制に引っかかっていないか

総量規制とは「消費者金融からの借入総額は、年収の3分の1以下でなければならない」という貸金業法の1つです。

例えば年収300万円の人なら、年収の3分の1にあたる100万円が借入できる限度額ということ。

他社借り入れがある人は、特にこの総量規制に引っかかっていないかチェックしてみましょう。

ブラックリストに載っていないか

ブラックリストとは信用情報に問題のある人のことで、延滞や遅延、踏み倒し、債務整理などの履歴が原因となります。

また「申込みブラック」と呼ばれる、短期間でカードローンに繰り返申込んでいる人も注意しなくてはなりません。

申込み履歴は6ヶ月間保存されるため、SMBCモビットを含めた、他の消費者金融に申し込んだら、少なくとも半年間は申込みを避けるのが無難でしょう。

審査が甘いと言われる2つの理由

ここまでSMBCモビットの審査について解説してきました。

これを見れば、特別審査が甘いわけではないことが分かりますが、それでもなお、SMBCモビットの審査が甘いと言われているのは次の2つの理由が考えられます。

  • 即日融資が可能
  • WEB完結なら在籍確認の電話連絡がないこと

ここからは審査が甘いと言われる2つの理由についてみていきましょう。

日融資が可能

SMBCモビットは即日融資に対応しています。

わかりやすく言えば、申込みしたその日にお金を借りられるわけです。

さらに、審査時間も最短30分と非常にスピーディーであり、短時間ですぐにお金を借りられることから「審査が甘い」と思われている節があります。

しかし、即日融資が可能だとしても、きちんと審査に通っていなければ、当然借入することはできないため、審査が甘いわけではないと考えましょう。

WEB完結なら在籍確認の電話連絡がないこと

SMBCモビットはPCやスマホを使って、ネット上ですべての手続きを済ませられる「Web完結」に対応しています。

このサービスのメリットは次の2つです。

  • 電話連絡なしにできる
  • 郵送物がない

カードローンの申込みでネックになりがちな「在籍確認の電話」を回避できるのが最大のメリットといえるでしょう。

ただし、Web完結を利用するには次の4つの条件を満たしている必要があります。

  1. 対象の銀行口座を持っていること(三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれか)
  2. 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートのうちいずれか1点)
  3. 収入証明書類(源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、給与明細書のうちいずれか1点)
  4. 勤め先を確認できる書類(健康保険証、給与明細書の両方)

また、Web完結はモビットカードの発行がなく、借入は振込キャッシング、返済は口座振替となっている点を覚えておきましょう。

審査が甘い金融業者は闇金の可能性あり

SMBCモビットをはじめとした、すべての消費者金融は綿密な審査を行い、利用者が適切な範囲内で借り入れができるように配慮しています。

審査に落ちるということは、無理なく返済するのが難しい人だと判断された結果であり、致し方のないことです。

にもかかわらず「審査が甘い」と謳い、誰にでもお金を貸すような所もあります。しかしそれは闇金の可能性が高く、手を出すべきではありません。

法外な利息が発生したり、違法な取り立てを受けたり…と様々なトラブルを引き起こす原因となりかねないため、審査の甘さにだまされて、闇金に手を出すことがないよう注意してください。

まとめ

今回はSMBCモビットの審査が甘いのかについて紹介しました。

最後に本記事の内容をおさらいすると…

  • SMBCモビットの成約率は46.4%(2019年3月期)と約半数は審査で落とされている
  • 他消費者金融同様、SMBCモビットだから審査が甘いということはない
  • Web完結なら在籍確認の電話を回避できるので申し込みやすい!

の3つが挙げられます。

「審査が甘いならSMBCモビットにしようかな?」
「SMBCモビットの審査は何に気をつければいい?」

といった方は、この記事を参考にして、モビットの審査通過のための準備をきっちりと整えて臨みましょう。

  • 融資までのスピーディーさが違う
  • WEB完結なら電話なしだから安心
  • 魅力的な大きな融資限度額

-SMBCモビットおまとめ入門

Copyright© SMBCモビットおまとめ , 2019 All Rights Reserved.