複数社から借り入れしている人はモビットでおまとめした方がいい?

数社からの借り入れをおまとめすることの利点については、すでに多くの方が承知されていることと思います。

 

モビットの最大の利点はなんといっても、お申し込みから、審査、審査結果通知まで、すべてのプロセスがWEBにおいて完結してしまうということです。モビットのWEB完結申込みなら全てがネットとEメールの送付だけで行われ、勤務先・自宅への電話確認や郵送物がないため、自分のプライバシーがしっかりと守れます
※ちなみにモビットは総量規制対象なので年収証明書が提出できない主婦・学生が融資を受けるのは難易度高いです。

 

お勤め先確認の電話がなく郵送物もない

 

審査もスピーディに行われるため、申し込みからカード利用開始までの期間が圧倒的に短くなります

 

おまとめとしてモビットに借り換えするもう一つのメリットは、モビットの利用限度額が最高800万円迄と、利用できる金額が高いことにあります。

 

銀行のおまとめローンはさまざまな点で有利ですが、他方で公務員や月収の非常に高い人など、高収入で安定した収入のある一部の社会人しか審査に通らないという現実があります。

 

そのため、数社からの借り入れの一本化を図りたい方にとって、モビットへの借り換えは大きな利点のある現実的なプランであるといえます。

 

おまとめを行う理由とは

モビットのおまとめ

数社からの借り入れをモビットによって一本化すると、一体どのような効果が期待できるのでしょうか。これは大きく分けて次のような利点があります。

 

まずは借り入れを一本化することにより支払い金利が引き下げられ、これによって返済総額が少なくなることが期待されます。

 

また複数の借り入れにより、ばらばらだった月々の返済も一本化することで整頓してまとめられます

 

月々の複数の返済のやりくりに時間を取られていたのが解消され、よりクリアに全体の返済計画を立て直すことが可能になります。一本化により、月々の返済金額が減ってくることにもなり、生活にこれまでになかったゆとりが生まれます。

モビットのおまとめで少しでも安心を!!

モビット

PC・スマートフォンからWEB完結!
融資までのスピーディーさが違う
電話・郵送物なしも可能だから安心
魅力的な大きな融資限度額

公式サイトへ

ローンカード不要!スマホのみでセブン銀行ATMの使えるモビットのノンバンク業界初のサービスは簡単4ステップ

・もはやローンカードなしでも取引できる!
三井住友銀行グループの会社・モビットを利用している人はいませんか?これまでカードローンの手続きをする際には、ローンカードを使ってATMで出入金を行ってきたはずです。しかしこれからの時代、モビットカードなしでもカードローンの取引ができるようになります。

 

モビットに口座を持っている人のために、セブン銀行ATMでモビットカードなしでも出入金取引のできるサービスを2017年5月15日から開始します。モビットは業界でも革新的なサービスをいろいろとこれまで提供してきました。例えば2012年に開始されたWEB完結サービスといって、従来電話や郵送で行ってきた契約手続きをWEB上で完結できるサービスも業界で初の試みでした。カードローンでローンカード不要にてATMで取引できるというのは、カードローン業界でも史上初のことです。

 

スマホATM取引サービスを使って借入するのは4ステップ

モビットのスマホATM取引サービスですが、簡単に利用できるところも強みです。4つのステップを履行するだけで借り入れ手続きが完了します。
まずはモビット公式スマホアプリを立ち上げて、ログインします。モビット公式スマホアプリをダウンロードする必要がありますが、iOS・Androidいずれにも対応しています。現在出回っているほとんどの機種に対応しているといっていいでしょう。
続いてマイページに「スマホATM取引」というメニューが出てくるはずなので、こちらをタップします。すると「ご入金」というメニューがありますのでタップしましょう。カメラが起動しますのでそのままの状態にしておきます。

 

3つ目のステップは、セブン銀行のATMを使って取引開始です。従来通りATMの取引開始ボタンを押すと、ATM画面にQRコードが表示されます。そして先ほどスマホで起動させたカメラを使ってQRコードを撮影します。

 

最後にQRコードに反応するとスマホの画面が変わりますので、必要事項を入力します。スマホの画面には企業番号と暗証番号を入力する欄が出てくるはずです。これらの情報はATの案内に従って入力し、希望する借入額を入れれば必要な現金を確保できます。このようにモビットカードなしでも借り入れ手続きが可能になりました。

 

モビットのスマホATM取引利用のメリットって?

モビットのスマホATM取引サービスが開始されれば、モビットカードなしでもスマホがあればいつでも出入金手続きができます。従来であれば、モビットのカードローンに申し込んで審査クリアできてもローンカードが届かないとATMを使った手続きができませんでした。銀行振り込みによる借り入れは可能ですが、午後3時までに手続きを完了させないと即日反映できませんでした。

 

しかしこのスマホATM取引サービスを利用すれば、まだ手元にローンカードが届かなくてもATMを使って借り入れ可能になります。つまり即日融資サービスを受けられる人が増えるわけです。

 

セブン銀行のATMは、日本全国2万3000台設置されているといわれています。セブンイレブンやイトーヨーカドーにセブン銀行ATMはほとんどのところで設置されているはずです。このほかにも駅や空港、高速道路のサービスエリア、オフィスビルなどにも設置されている場合もあります。自宅・勤務先の近くにあるでしょうし、旅行・出張時でも利用できるATMを近場で見つけられるでしょう。旅先で現金がなくなってしまった場合でも、スマホがあれば手軽に借り入れできるでしょう。

 

スマホATM取引サービスを利用するにあたって、セキュリティの問題はクリアできているのか不安という人もいるでしょう。ATM画面に表示されるQRコードはワンタイム発行ですし、特殊なロジックを使って作成されているといいます。ですからクレジットカードのICカードと同水準のセキュリティレベルに設定されているので、安心して利用できるでしょう。

 

モビットの審査基準などについて

モビットはWEB上において申し込みから審査通知までを行うシステムを持ち、申し込みから審査通知にかけられる時間がきわめて短く、審査がスピーディに行われます。対象者は、安定した収入を持つ20歳から69歳までの方で、バイトやアルバイトの方であっても申し込みができます(安定した収入のある方であれば)。

 

おまとめしたいけれども、銀行のおまとめローンは審査が厳しすぎる、とお考えの方にとって、融資限度額の大きなモビットによって一括することのメリットは明らかです。限度額の大きなモビットに借り換えることで、支払い金利を少しでも有利にしようというのが、その目的といえます。

 

おまとめとしてモビットで完済しようとする際、もっとも気をつけていただきたいこと

仮の審査に通ると、担当の方から電話での確認等がありますので、その際、複数の借り入れをモビットによって完済しようとしている旨を必ずお伝えください。その上でモビットからの借り入れ金利をきちんと確認し、現在の支払い金利よりも有利になるかどうか、確認しましょう。

 

数社からの借り入れをおまとめする場合には、おまとめとして一本化したローンの金利条件が重要な事項となります。そもそもモビットにはおまとめローンという存在がありません。しかし、モビットの審査の即時性や利用限度額の高さを利用することにより、おまとめとしての機能をもたせることが可能です。>>モビットのおまとめ詳細情報を確認する

 

モビットの特徴

モビットはそもそも「消費者金融会社」です。TV CMなどですっかりお馴染みになり、一般への浸透度もアップしています。カード申し込みにしろ、WEB申し込みにしろ、ネットでの手続きで、銀行口座への振り込みが行われたり、また提携のATMでの引き出しが可能だったり、とにかく便利な印象があります。

 

 

キャッシング用語説明

カードローン

 

カードローンとは、金融機関、消費者金融、カード会社などが発行する専用のカードにより、借り出しを行うローンのことを指します。基本的にカードローンとは、無担保で個人に対して行われる、使途を限定しない融資となっています。

 

銀行系のカードローンは審査が厳しいことで知られていますが、その代わり金利は低く設定されています。

 

カードローンの場合、保証人は必要ありません。借り入れの使途も限定されておらず、利用限度額内であれば、自由に借り入れを繰り返しことができます。返済はリボ払いが基本で月々の最低返済金額が設定されています。

 

キャッシング

 

金融機関や消費者金融が発行するカードによって、ATMなどから現金を引き出して利用することで、翌月一括して返済することが原則です。

 

コンビニのキャッシュディスペンサーなどでも気軽に引き出すことが出来るので、急な出費があった場合に便利です。

 

最近では各社それぞれ独自のサービスを充実させるようになっており、たとえば一週間以内など、一定の期間内であれば無利息で返済できるようなシステムを備えたキャッシングもありますので、詳細をよく知った上で、上手に使いこなすようにしましょう。>>低金利カードローンのおすすめを見る

 

借入限度額

 

借り入れを行う際の上限の金額の事。担保なしでお金を貸す訳なのでをれを決める際に個人の返済能力を収入や信用情報などを参考に審査を行う。

 

例えば会社員などの定収入のある人は、アルバイトで収入の安定していない人や専業主婦や学生など収入のない人に比べて高い限度額が設定される事が多い。

 

他にも信用でお金を貸すという形になるので初めて融資を申し込む人よりは返済実績のある人が融資を申し込む方が高い限度額を設定されることもある。もちろん最初は低かった融資金額でも毎月契約通りに返済をし信用を積めば上限金額を増やして融資を受けられる事もある。

 

借入限度額は他にも貸付限度額や利用限度額などと呼ばれることもあります

 

無人契約機

 

通常借り入れの申し込みをする際は直接お店に行って金融会社の社員と対面で融資の申し込み、契約をするという形になりますが、無人契約機を利用すると人と会わずに機械を操作して資の申し込みをする事が手軽に出来ます。手軽と言っても機械の裏にはその金融会社の社員がいて、もちろん対面で借り入れを申し込む際と同様の審査を受けることになります。

 

しかし、ATM同様店舗の営業時間より遅い時間まで稼働していることも多くお店の営業時間内に来店できない人や対面で融資を受けるのに抵抗のある人には便利に利用できます。

 

また、給料日前の短期間の利用や急にお金が入用になった人にもスグに現金が手に入るので大変便利に利用できます。

 

信用情報

 

融資を申し込むと審査を受けますがその際に審査する金融会社は情報機関に登録された個人の信用情報も参考にします。

 

住所・氏名などの個人情報はもちろん個人の借り入れや返済状況の詳細、過去のトラブルなどセンターに加盟している金融会社が随時報告し登録され情報が共有されています

 

従って審査の際に過去にトラブルがあったり、返済が遅れている情報などを確認すれば融資を断ったり、限度額が低く設定されたたりすることもありますし法的措置を受けたなどトラブル情報が載っていれば融資を断られ可能性が高くなります。

 

一日に何件も融資の申し込みをすればその情報も登録されますので審査のうえで心象が悪くなるかもしれません。ちなみに自身の信用情報の内容を知りたい場合は全国銀行個人信用情報センター(株)シー・アイ・シーで開示請求をすれば確認できます。

 

審査基準

 

どうしたら融資を受けられるかという審査の基準があります。それは各社独自のもので一概には言えませんが基本的には信用のあると判断された人は高額の融資を受けられるようになってます。

 

審査の方法としてはスコアリングシステムが主流ではないでしょうか。スコアリングとは点数をつけるという意味です。例えば収入の安定性を考えると、誰でも聞いたことのある大手企業に長年勤めている人と逆に全く聞いたことのない会社に入社して半年の人を比べるともちろん前者の方が収入的に安定性があると考えられますので高い点数が取れます。こんな感じで住居や家族内容、過去の返済状況などを細かく点数を付けその合計点数によって上限額を決めるシステムです。

 

しかし審査基準は各社様々なのでいくら自分が点数の高い内容であっても融資が受けられないという事もありますので注意が必要です。

 

即日融資

 

融資の申し込みをしてその場でお金を借りる事を即日融資と言います。無担保でお金を貸す消費者金融や銀行が発行しているキャッシングローンで即日キャッシングなどの文句で便利に利用されています。

 

急な出費の際は大変便利なように聞こえますが貸金業法の総量規制の対象なので年収証明のできない主婦や学生の利用は難しく以前女性が多く利用していて振込みキャッシング、振込みローンなどと呼ばれた融資を行う事はできません。

 

しかし銀行系のカードローンは審査の基準が厳しくはなりますが専業主婦でも利用できる借り入れできる場合があります。